自宅に壁面緑化を施す際の安全管理について

自宅に壁面緑化を施す際の安全管理について Posted on 2018年3月1日

建物の壁に植物を這わせる壁面緑化は断熱性を向上させるのが主な目的ですが、花を咲かせる品種を植えることで建物を綺麗に彩ることが可能です。特に住宅での壁面緑化は手軽に外観を華やかに出来る利点があります。その一方で壁面緑化は植物の蔦や枝が壁を傷めてしまう問題があることから、十分な安全対策を整えておくことが大切です。住宅の壁は配線や配管が剥き出しになっていることが多いため、植物の絡まりによる破損が生じやすい問題があります。そのため、こまめに剪定を行って壁の破損を防ぐのが住宅での壁面緑化を安全に楽しむために必要な工夫です。

季節の変わり目を楽しめる壁面緑化の工夫

壁面緑化に使用する植物は成長が早く、頑丈な品種を選ぶのが長持ちさせる工夫です。また、住宅を華やかに彩るためには花を咲かせる品種が適しています。品種によって花を咲かせる時期が異なる他、水や肥料の与え方でも花の数や色が変わります。そのため、理想の外観を再現出来るように植物の育て方を工夫することが大切です。

また、壁面緑化は育て方を間違えるとすぐに枯れてしまい、却って見栄えが悪くなってしまいます。綺麗な外観を保つためには立地環境に適した品種を選ぶ必要があります。植物の育て方を正しく学び、お手入れも入念に行うのが壁面緑化を良好な状態に保つための心得です。植物が枯れる冬季は蔓や枝を取り除くことで壁の傷みを防ぐことが出来ますが、高所の作業は危険なので十分に安全確認を行うことを心がけます。

壁面緑化とは、建物の壁面を植物で緑色にすることです。環境美化の取り組みの一環として行われるようです。