お手入れするためのスタート時の基礎的知識

お手入れするためのスタート時の基礎的知識 Posted on 2018年3月1日

機械式時計と言いますのは電池ということではなくゼンマイを動力としている時計になります。 要するに電池交換は不必要です。 周期的にお手入れをすれば長年に亘り利用し続けることが出来るので、しっかりした基本的知識を持つことが大事となります。 まず第一に、家で保全するときは高温多湿を回避します。 それからテレビ、あるいはPC、さらに携帯電話など磁気があるものの近くに置かないようにすることが大切になります。 活用頻度も時々より、可能な限り常日頃から使ったほうが潤滑油が馴染み長持ちすることになります。 時計店が行なうメンテナンスの前に、まず第一に自宅でしっかりと保管できることが重要になります。

時計店によるオーバーホールに関して

機械式時計のメンテナンスで自分自身で出来る事は、保管及び利用法を守るということなので、お手入れは時計店で行ないます。 時計店においてはスタッフはトレイ上に乗せるので、落とさないように意識します。 機械式時計は職人がハンドオペレーションで組み立てるので落下にとても弱く、ひとつでもパーツがなくなると機能しなくなります。 製造メーカーに影響を受けますが、通常の場合は2、3年の保証期間がありますので、期間中であればフリーにて修復してもらえます。 時計店に持参していくと時計をパーツまで一切合切分解し清掃し、さらに組み立て直すというオーバーホールをしてもらうことができます。 時期の目途としては3から4年おきくらいが望ましいです。 頻繁に行ないすぎるのも時計には良くなく、時間が遅れ始めたら店に持参していくと良いでしょう。

パテックフィリップは世界最高のスイス高級時計メーカーです。それは熟練の職人たちが高貴な工芸技術の伝統を守りながらも最新の技術を取り入れ、常に最高級な「芸術作品」を生み出しているからといえます。