屋上緑化をすることで過ごしやすい日々を送ることが可能

屋上緑化をすることで過ごしやすい日々を送ることが可能 Posted on 2017年12月28日

屋上を有効に利用する

近年、日本ではマンションやビルなど大きな建物が増えてきていますが、その半面森林などが減少してきています。都会では、大きな建物はありますが、森に生えているような大きな木などはほとんど見当たらない場所も多いでしょう。結果的に、自然破壊だけが行われてしまい、生態系を崩すことになっています。
ですが、最近は屋上緑化をしている人が増えています。屋上緑化とは、屋上に芝生を植えたり樹木を生やしたりすることで、屋上のスペースを有効に使い、都会に緑を増やすには理想的なやり方と言えるでしょう。
屋上緑化をする場合には、傾斜している屋根では難しく、平屋根であることが条件になります。費用はそれなりにかかりますが、見た目も良くなりそれ以外にもたくさんのメリットがあるのが特徴です。

室温を大きく下げることが可能

屋上緑化をすることにより、夏の暑さをさけることができます。屋上が平屋根の家の場合は、一番上の階が非常に暑くなってしまい、エアコンはなかなか効かないような状態も少なくありません。また、エアコンがきいたとしても、涼しくなるまでに時間がかかり電気代がばかにならないこともあるでしょう。
これを防ぐために、屋上緑化をすることが必要になります。屋上に土を撒き、その上から植物が生えてくれば、地面の中に家があるのと同じような感じになります。結果的に、部屋の温度を10度程度下げることも可能です。今まで電気代がかさんだエアコンの使用も少なくなり、省エネで地球環境にも優しいのが魅力です。

屋上緑化とは、屋上に植物を植えることです。あたかも屋上に森や庭園があるような様相になるのが鉢植えガーデニングと異なる点です。またメリットとして、建物の断熱性や景観が向上する点で近年人気を集めています。